スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 犬ブログへ 人気ブログランキングへ
ランキング参加しております故リンクポチっとしていただけたら
それがしとはるかぜ喜びに打ちひしがれむせび泣き候
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

純血柴犬の話

m35uvwpq.jpg

実家に「コタロー」という柴犬がいる
血統書付きの純血柴だ

妹ヤスヨが無理矢理買った柴犬だ

父ケンヂは犬を飼う許可を出さず
妹ヤスヨは柴犬購入を強行したため
父ケンヂの怒りを買い
柴犬がやってきた夜妹ヤスヨは車の中で柴犬と共に寝た

しかし

放り出すわけにもいかず
柴犬の子供は実家で育てられることになった

仔犬はコタローと名付けられ
あんなに反対してた父ケンヂがこたつで寝ていると
その脇で丸くなって寝た

床でオシッコしても
父ケンヂは怒らなかった
渋い顔しながら臭い消しスプレーを床に吹き掛けた

大人になったコタローは
外犬となり
手先が器用な父ケンヂのお手製犬小屋で暮らした
仕事を引退した父ケンヂはコタローをつれまわし
ときに山奥深くさながら猟犬のように山を駆けた

父ケンヂはいつもそうだった

妹ヤスヨがハムスターを強行購入したときもなんだかんだで可愛いがり
落花生を与えては妹ヤスヨに怒られた

戦前生まれの父ケンヂは生まれながらにヤギを従えてた男だから
動物は嫌いなはずがない
しかし
そうかと思えば
山鳥を捕まえ焼いて食べたりしてた

まあ、これが真の意味での
動物との共存なのかもしれん
ちょっと脱線したけど

父ケンヂは妹ヤスヨのわがままでやってきたコタローをたいへん可愛がった

コタローも父ケンヂの後をついて歩くようになった

2人の日々は田舎のゆるい時の流れのごとく
流れていった












父ケンヂが肝臓癌で死ぬ日まで









父ケンヂが亡くなっても
家族は散歩に連れて行ったし
俺が帰れば毎回散歩係に
なってたし
特に不自由はしてないはずだが

突然いなくなった父ケンヂに
コタローは何を思うか

それは彼にしかわからない



ただ、家族のわがままで我が家にやってきた捨て犬晴風を傍らに
最初犬を飼うことに反対してた俺は
つくづく
ケンヂの息子だな

と思うのだ







写真は一年前のコタロー

そろそろ会いたくなってきた
にほんブログ村 犬ブログへ 人気ブログランキングへ
ランキング参加しております故リンクポチっとしていただけたら
それがしとはるかぜ喜びに打ちひしがれむせび泣き候
[ 2011/12/02 00:55 ] しましま | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://simaharu.blog.fc2.com/tb.php/197-78a8948e






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。